個人主催の教室だからこその1人1人に合わせた、きめ細かい指導をしています。 随時、入会受付中です ninesteps.sugasawa@gmail.comへご連絡ください

2010年02月28日

笑点??

今日の歌はgreen frogです。歌にあわせて動詞の動作をしました。

和室だったので、座布団を引いて座ったのですが、一人が2枚重ねにしていたのを見て、ひらめき

笑点のように、良い答えには座布団一枚、ふざけすぎたり、日本語でおしゃべりしたりしたら座布団一枚没収、というルールにしました。
座布団がかかったら、大人が見たら可笑しいくらいに、みな真剣になりました。

絵本のFoot bookを全員で読んでから、見開き2ページづつを一人づつ順番に読んでいきました。今日は発音が難しいところを一人づつ重点的に直していきました。真剣に正しい発音に集中しました。そろそろ本を見ないで全部1人で暗唱できるようにね、とはっぱをかけました。

最後はリクエストに応えて、バナナチャンツをしました。
食べ物特集でしたが、これはとても楽しみなようです。
アクセントの位置を変えれば、ほぼ英語になる単語もあれば、
まったく違う言い方をする単語もあるのがよいのかも知れません。
子供たちの知識欲を刺激することができます。


posted by NineSteps at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル1 レッスン活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スキットを作る

歌の本ももう少しで終わりです。短い歌が多いので、まとめて4つ続けました。テンポが速くてついていけないところを手をたたいてリズムを取ることでテンポをあわせ、何度も練習しました。

Lady with the alligator purseも、同様にして、早いテンポについていけるように練習しました。

最後は30分をかけてスキットつくりをしました。英会話ワークで習ったすべてのフレーズ、96文をカードにしたものを並べ、そこから好きなものを取ってスキットを作るのですが、なるべく長く、ストーリーを持ったスキットを作るのは大変なことです。

それぞれの文の意味が解り、96枚の中からカードを見つける為に読めて、さらにストーリーも考えなければなりません。  今日は初めてなのでなかなかうまくは行きませんでした。 私が見本を作って見せたので、ストーリーと言うことがどういうことが、ちょっと解ったようです。
この練習を今年の総まとめとして、フォニックスの書き取りと共に
3月一杯していきたいと思います。完璧に出来るようにならなくてもよいのです。ちょっと難しいことに挑戦することが大事です。
posted by NineSteps at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル3 レッスン活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

ピザをオーダーする!?

絵本の The lady with the alligator purseの中にpizzaを注文する場面があります。それで今日はまず、ワークシートを使ってpizzaの具をしり、次にそれを注文する遊びをしました。pizza屋さんに電話して、乗せる具を注文して、pizza台をoriginalかthinを選んで、自分の名前と電話番号を言います。フレーズを言うのがちょっと難しいかなと思いながら、ホワイトボードに絵を書いて説明したのですが、すらすらと言えました。3年間の積み重ねが生きてますね。

一転して、フォニックスはこの一年分の総復習をしています。

今日は、たとえば、SH の前後に文字を加えて知っている単語を作る、
○a○eの○のなかに文字を入れて単語を作る、というような練習をいくつかしました。 この一年間に習った単語は合わせて150単語近くに上ります。全部覚えていなくても良いのです。ただ、読み方のルールだけはきちんと覚えていてほしいと思います。これから、もう一年かけてルールの全てを覚えるために土台として不可欠だからです。

がんばってね。
posted by NineSteps at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル3 レッスン活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会話とジェスチャー

今日の歌は Hop,Hop です。 蛙がhop, kick, clap, snap するのを
振り付けつきで歌います。clapや snapは良いのですが、 hopや kick
となるとテンションがあがりすぎてしまい、怪我をしないかと心配になります。でも、それくらい、元気いっぱいのクラスです。

絵本のFoot Bookは一人一ページづつ読み進んでみました。家でどのくらい練習しているかが、しっかり判ってしまい、読めない子は少し恥ずかしそうでした。 でも、これがグループレッスンの良いところ、お互いを見て、またやる気も出ると言うものです。

英会話は前に出た一人がジェスチャーをして、もう一人がそのジェスチャーに対する答えを英語で言う、という練習をしました。
言語は耳で聞くだけではなくて、体で表現することもできるのだとわかってもらう狙いもあります。

アルファベットブックも最終章に来ました。この本ではそれぞれのアルファベットがあらわす音を、なんとなくでよいので判って貰うのが目的です。のちのち、フォニックスを習うときの土台となります。

posted by NineSteps at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル1 レッスン活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。