個人主催の教室だからこその1人1人に合わせた、きめ細かい指導をしています。 随時、入会受付中です ninesteps.sugasawa@gmail.comへご連絡ください

2009年02月14日

NineSteps 名前の由来

このスクール名のNineStepsが、私が目指す9年間教育に ちなんでいることは、きっとご想像いただけることと思います。

でも、もう1つ、私が込めた願いがあります。

それはという数字のもう1つ上の10
ここにはそれぞれの子供達に自分自身で、自分の未来を込めて欲しいのです。

英語は英語を話せる人と会話し、心を通い合わせるための手段です。
その英語で、どんな国の人と、何を話し、どんな職業に役立てるのかは、その子の持って生まれた個性、才能しだいです。
ビジネスマンになりますか? それとも、世界的なアスリート? アーティスト? 医者? 学者? ミュージシャン? 
アメリカで恐竜の発掘をしますか? 国境の無い医師団として世界で奉仕しますか? シルク・ド・ソレイユでパフォーマーになりますか? 外交官として各国を回りますか? 世界中の素敵なものを輸入して日本に広めますか? 日本でホテルマンになって、世界中から来る観光客をもてなしますか? 農業の可能性を広めるために国際交流しますか? それとも、それとも、それとも・・・
子どもの可能性にはワクワクしますね。


英語を母国語とする国で直ぐに頭に浮かぶのは英国、米国、カナダ、オーストラリアなどでしょうか?  でも、実際には英語がインターナショナル言語であることは誰でもが知っていることです。
現に、私も仕事上、EU諸国の方々とは英語で会話しますし、インド人の友人とも英語で会話します。 日本語は英語の属す、ゲルマン語族とは恐らく一番離れた言語なので、習得には努力が要りますが、その甲斐は必ずあります。



こんな話がTimes誌に載っていました。

今、英国のビジネスマンがインターナショナル英語の習得に努めている、というのです。
どういうことかというと、英国人が英国で使っている英語で世界に出てビジネスをしようとすると、非英語圏の英語を話すビジネスマンにプレゼン負けをすることがあるというのです。
理由は単語やフレーズの用いかたが英国人特有でありすぎて、解りにくいからだそうです。

くせの無い発音で、汎用性の広いフレーズを使うことが、とても大事だということがこのことからも、良く解ります。

NineStepsの生徒の皆さん、10に自分の目標を見すえられる様に、英語だけではなく、考える、伝える技術もレッスンの中で学んで、人生の可能性を広げましょう。



トップページへ
 

2009年01月18日

スクール規約

スクール規約


■ 入会金

  入会時にお支払の入会金は、お返しできません。

■ 月謝 
  
  前月末日までにお納めください。

■ レッスン

  スクールカレンダーにそってのレッスン回数になります。

  受講人数が定員に満たない場合(グループレッスン)他のクラス
  に移動していただくこともあります。

  各レッスンとも、生徒側の都合による欠席等の振替レッスンは
  ありません。

  * レッスン会場への往復における事故には責任を負うことが
    出来ません。 通学の安全を各ご家庭にてご配慮いただき
    たくお願いいたします。

■ 欠席

  講師までメールでご連絡ください。

■ 休講

  スクールでさだめる年末年始・お盆休み・ゴールデンウィーク・
  日曜・祝日は休講となります。

  また、交通事情、天災等によりレッスンが困難な場合休講となる  ことがあります。

■ 休会

  病気等やむを得ない事情の場合年間1ヶ月は無料休会できます。
  (但し夏休みを除く)
  休会する前月末までにお申し出ください。
  休会当月になってからのお申し出はできません。

  2ヶ月以上続けて休会する場合、在籍料として月謝の50%を前納し
  ていただきます。

■ 禁止事項

  政治・宗教・営業活動または、スクールに不利益となる行為は、
  一切禁止いたします。

  法定伝染病の方は医師の了承を得て出席してください
  ※注:インフルエンザも含む。

■ 退会

  退会する月の、前月末までにお知らせください。
  
  納入済の月謝等は原則としてお返しできません。 
  ただし、やむをえぬ事情で受講不可能な場合のみ、残りレッスン料の80%を返金いたします。
  ※注:急な転勤・引越し・病気・事故等による入院。



トップページへ


使用教材案内

クラス(個人レッスンの場合は個人の)能力、到達目標に合わせた教材の選択をします。
目安としては書籍教材が一冊1000円程度
      付随するCDが2000円程度です。
これを3種類くらい組み合わせます。

レッスン日時・月謝・入会金

募集要項 

定員:      5-10人

レッスン場所 : 江戸川区南葛西 または出張授業
         詳細はお問い合わせください。
         
月謝:
         小学校1・2・3年生クラス6千円
小学校4・5・6年生クラス8千円
         中学生クラス  1万円
     
教材費: 
     1年間分で約10,000〜15,000
     

入会金: 
     5千円

体験レッスン、その他どんなことでもお問い合わせください。

 E-mail ninesteps.sugasawa@gmail.com



IMG_8307.JPG講師: 菅澤 ゆかり
    松香フォニックス研究所 認定小学生指導者
    Nine Steps 運営
    小学生英語指導歴7年
    TOEIC 925点 (2008年5月)
    こちらのサイトで大渕ゆかりの名前で英語のナレーターをしています。
    http://www.tokyoedoradio.org/


トップページへ

Nine Steps― MPIパートナー教室が湾岸地域に開校します。

Nine Stepsとは:

松香フォニック研究所の教材とカリキュラムに基づき、英語で世界の同世代と語り合える15歳になることを目標としてレッスンをする児童英語教室です。

基礎となる語学力とコミュニケーション力、母国の文化を説明できること、異文化を受け入れる寛容さ、などが大事な人間力になる。そんな熱い思いを持って小学校1年生から中学校3年生までの9年間をかけて、Step by Step・・一年ずつ、年齢やレベルにあった英語教育を積み重ねていきます。 

現在の日本の英語教育は、小学校では文字を教えることを制限されていて、歌や簡単な英会話で楽しむのみです。そして文法重視の中学校英語に一足飛びに飛んでしまいます。これでは、せっかく児童英語で身に付けた英語の音声を聞き取り再生する能力を錆びさせてしまうばかりか、英語嫌いを作ることにもなりかねません。
 
9年間という長さに戸惑われるかとも思いますが、日本語でも12歳で上手な作文が書けるようになれば立派なものです。まして、日常使用しない英語を実践的に使えるようになるには長い期間で英語を体に沁み込ませるように積み重ねていくことが不可欠なのです。

Nine Stepsでは全ての授業を英語で行います。特に最初の2年間は絵本や音楽、ジェスチャーを多用し、音声入力を重視します。子どもは自分の中に英語を頭の中に貯めていきます。たくさん貯まったら、自然と自分でも言ってみたくなります。ご家庭では毎日CDを聞かせるご協力をお願いしています。 


聞き取ることに十分慣れた小学校中学年からはフォニックスを学びます。
フォニックスとは、発音とつづりの関係を表すルールを学ぶ学習法で、もともと英語圏の子どもたちに読み書きを教えるために開発されたものです
フォニックスを学べば、このようなことができるようになります。
1) フリガナや発音記号に頼らずに英語を読める
2) 英語の音声を聞くと推測してつづりを書くことができる
3) 文章や文字を読むときに英語らしく発音できる


これに加え、高学年からはコミュニケーションへ結びつく形で英文法を学びます。
文法をあれだけ勉強したのに、ちっとも話せるようにならなかった! ということが無いように、文法事項をすべて網羅した知識優先の文法学習ではなく、なるべく早く意味のある実践的な表現活動にもっていくように指導します。

中学生へのレッスンでは、英語で世界の同世代と語り合える15歳になることを目標として、英語でのプレゼンテーション、ディベート、会話等を通して、実際に使える英語を習得するように指導します。


レベル4以上の生徒で希望者はケンブリッジ国際児童英検を受験することができます。

トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。